三菱シーケンサQ-CPU CC-Link 入門 接続設定編 実例付で解説

スポンサーリンク

三菱シーケンサ (今回の例QCPU)CC-Link 入門(CCリンク入門) 接続設定編
実例付きで解説致します。

○テスト条件
・シーケンサCPUはQ02UCPU を使用。
・パソコンソフトはGX-Works2 を使用

○使用機器の選定
CC-Link マスタユニット(親局)
QJ61BT11N 1台 (入出力占有点数:32点)

CC-Link リモートユニット(子局)下記各1台 合計4台
No1:AJ65SBTB1-32DT (入力16点、出力16点 合計32点)
No2:AJ65SBTB1-16DT (入力8点、出力8点 合計16点)
No3:AJ65SBTB1-32D (入力32点、)
No4:AJ65SBTB1-16DT (入力8点、出力8点 合計16点)
入出力ユニットのみで特殊ユニットはありません。

○設定
・伝送速度:5Mbpsとします。
・各ユニットの局番(ステーションNo)の割付
マスタユニット(親局)QJ61BT11N が 局番『0』で
リモートユニット(子局)がそれぞれ1番~4番

○回路図

mcc5

回路図(PDF)のダウンロード

○ CC-Link マスタユニットの配置
下図の様にベースユニットのストッロ5にマスタユニットを配置します。

mcc1

『PCパラメータ』のI/O割付はこの解説では省略させて頂きます。
解説が必要な方は詳しくはこちらで確認下さい。↓

三菱 QCPUパラメータ設定 I/O割付

○マスタユニットの局番設定(ステーションNo設定)

mcc3

マスタユニットの上2つのロータリースイッチは局番設定スイッチです。
マスタユニットは通常0に設定しますので、
1番上のスイッチ×10は0に設定し
2番目のスイッチ×1も0に設定します。
これで局番0に設定できました。

○マスタユニットの伝送速度設定
マスタユニットの1番下のロータリースイッチは伝送速度設定スイッチです。

0:156Kbps
1:625Kbps
2:2.5Mbps
3:5.0Mbps
4:10Mbps

今回5.0Kbpsとしますので、設定値は3です。

○リモートユニットの局番設定(ステーションNo)

mcc8

上図は局番1で伝送速度5.0Mbpsの設定例です。

○リモートユニットの伝送速度設定
5.0Mbpsに設定しますので設定値は3です。

mmc7

スポンサーリンク

○ユニット間の配線
通常はCC-Linkケーブルを使って配線します。

今回は伝送速度5Mbpsですので下記参考に規定内で配線します。

mcc9

mcc3

mcc4

接続する端子 CC-Linkケーブルを使った場合
マスタユニット(DA)- リモートユニット(DA) 青色
マスタユニット(DB)- リモートユニット(DB) 白色
マスタユニット(DG)- リモートユニット(DG) 黄色
マスタユニット(SLD)- リモートユニット(SLD) シールド線

○終端抵抗

終端抵抗は回路の両端に各1個合計2個必要です。

取付例

mcc13

今回の例では局番2と局番4が両端となります。

DA-DB間にそれぞれに110Ωの抵抗を取り付けします。

終端抵抗はマスタユニット(親局)QJ61BT11Nに添付されています。

KOA製金属皮膜抵抗110Ω1/2w

スポンサーリンク

抵抗器のカラーコードの読み方はこちらです。

抵抗器のカラーコードの読み方

CC-Link 入門接続設定編はこれで終了とさせて頂きます。

スポンサーリンク

引き続き、次の解説 CC-Link 入門パラメータ&ラダー作成編を
ご覧下さい。

CC-Link 入門 パラメータ設定&ラダー作成編はこちらです。↓

三菱 CC-Link 入門パラメータ&ラダー編

少しでもCC-LINKについて学習して頂きたいと思い、このページを作成させて頂きましたが
文章での表現は難しいです。至らない点は申し訳ありあせん。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2016年10月19日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする