オリエンタルモーター製 スピードコントロールモーターの制御 回路図付きで解説

スポンサーリンク

オリエンタルモーター製 スピードコントロールモーターの制御 回路図付きで
解説させて頂きます・

○今回の動作条件
・モーターはAC100Vの 5IK40UGV-JAM(40W) を使用。
・コントローラーは DSC-MU(電源DC24V) を使用。
・指令はシーケンサからで回転数はボリュームで調整。

〇モーター

ブレーキ付の40Wタイプを使用しました。

型式 5IK40UGV-JAM
取付角寸法 90mm
時間定格  連続
 モータータイプ スピードコントロールモーター インダクションタイプ
 電磁ブレーキ あり
 最大出力  40W
コンデンサ (付属) CH110CFAUL2、容量: 11μF

〇ギアヘッド

型式 5GV7.5B
取付角寸法 90mm
減速比 7.5
回転方向 モーターと同方向

〇コントローラ

型式 DSC-MU
制御電源 DC24V
回転速度設定方法 ・操作パネルによる設定  最大4パターンの運転データを設定可能

・外部速度設定器: (可変抵抗器 1/4 W)

・外部直流電圧:DC0~5 V、またはDC0~10 V

入力信号  ・フォトカプラ入力 入力抵抗4.7kΩ

・IN0~IN5 入力(6 点)へ任意に信号割付可能

・シンク入力/ソース入力  選択スイッチにより切り替え可能

 出力信号  ・フォトカプラ・オープンコレクタ出力

・OUT0、OUT1出力(2 点)へ任意に信号割付可能

・シンク出力/ソース出力 外部配線にて対応

スポンサーリンク

〇回路図

[ 回路図の説明 ]

正転:Y20をONしている間だけ、正転します。

逆転:Y21をONしている間だけ、逆転します。

速度切替:Y22をONすれば、速度調節が外部接続のボリュームから
内部パラメータで設定した値に切り替わります。

ブレーキ解除:回路図の『LY』リレーをONすればブレーキが解除になります。
(メンテナンス時に使用します、通常は正転/逆転すれば
自動でブレーキ解除します。)

加速/減速時間などはパラメータで設定可能です。
複雑な動作には向いていませんが、非常に簡単に
使えて、良いスピードコントロールモーターだと
思います。

これでオリエンタルモーター製 スピードコントロールモーターの
解説を終了させて頂きます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2018年2月13日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする