メルセデスベンツCクラス(W203)のメモリ保持状態でのバッテリー交換方法

スポンサーリンク

メルセデスベンツCクラス(W203)のバッテリー交換方法を
記載させて頂きます。

メモリーを消失ささず、保持した状態での交換方法です。
(時計、ラジオ、シートポジション
パワーウインドゥのオート機能の記憶、ESP、その他)

今回の記事に使用しました車は右ハンドル車です。

■必要なもの

○バッテリー(当然ですが)
今回アマゾンさんで購入しました。
(一番安価に購入できました)

ATLASBX [ アトラス ] 輸入車バッテリー
[ Dynamic Power ] AT 600-38
10900円でした。

スポンサーリンク

○メモリーバックアップ(エーモン製)

バッテリーを取り外している状態の時は
この製品で車のメモリーを保持させます。
(乾電池を入れて使用します。)

エーモン メモリーバックアップ 1686
780円でした。

スポンサーリンク

○13mmのボックスレンチ

バッテリーを固定しているボルトが
奥の方にありますので、スパナやメガネレンチでは
外せません。写真の様なボックスレンチが
必要です。

○10mmのスパナかメガネレンチなど

バッテリーターミナル(+)と(-)を取り外すのに
必要です。

■交換手順

ボンネットを開けます。

普通に開けますと、下の写真の様な状態です。
(ボンネットが45度程、開いた状態)
バッテリーはエンジンルーム内の一番奥にある為
これでは交換できませんので、ボンネットを90度
近くまで、開けます。

下の写真にあるダンバーの一番下にある赤い押しボタン
押しながら、更にボンネットを開けます。

下の写真の様に90度近くまで、開きました。

エアコンのダストフィルターボックスを外します。
(下の写真の赤枠部)
バッテリーはこの下に収納されています。
写真の車は右ハンドルですので、バッテリーは左側ですが
左ハンドル車は逆の右側にバッテリーがあります。

3か所のパチン錠の様なフックを外してエアコンの
ダストフィルターボックスを外します。

バッテリーが見えました。

スポンサーリンク

バッテリー固定ボルトを外します。(2か所)
コードが邪魔で見えにくいですが
下の写真の赤丸印のところに固定ボルトがあります。

2つ目は下写真のところです。

13mmのボックスレンチで固定ボルトは外します。

メモリーバックアップを取り付けます。

単三電池6本を入れます。(電池は元々入っていません)

1.5V×6本=9Vなので、車の電圧12Vより低いので
不安でしたが、問題なくバックアップしてくれました。

ベンツには充電用ケーブルを取り付ける(+)端子があります。
下の写真の赤枠部の金属のプレートです。
(赤い樹脂のカバーを外します)
ここにメモリーバックアップの(+)ワニ口端子を接続します。

アース線の端子の部分(金属が露出している部分)に(-)ワニ口端子を
接続します。

バッテリーのターミナルを10mmのスパナかメガネレンチで緩めて
外します。

バッテリーのターミナル(+)と(-)が外れましたら
バッテリーを上方向に持ち上げ取り外します。

上記の逆の手順で新しいバッテリーを取り付けます。

新しいバッテリーのターミナルを取り付ければ
メモリーバックアップを取り外します。

これでメルセデスベンツCクラス(W203)のバッテリー交換方法の
解説を終了させて頂きます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2018年2月8日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする