スターデルタ専用タイマ オムロン製 型式 H3CR-G8EL の使い方を解説させて頂きます。(参考回路図付)

スポンサーリンク

スターデルタ専用タイマ オムロン製 型式 H3CR-G8EL の使い方を

解説させて頂きます。(参考回路図付き)

スター接点、デルタ接点、瞬時接点の3つの接点を持っています。

設定したタイマ時間経過でスター接点からデルタ接点に切り替わります。

【スターデルタタイマの仕様】

⑦の接点がスター接点で、⑥の接点がデルタ接点です。

⑨の接点は瞬時接点(コイル通電と同期する接点)

(動作チャート)

スター時間の設定

t1(スター時間)がタイマ表面のメインダイヤルで設定します。

左下のセットダイヤルで(0~6秒)(0~12秒)(0~60秒)(0~120秒)

の4種類が選択できます。

スターデルタ切換え時間の設定

t2(切換え時間)がタイマ表面右下のセットダイヤルで設定します。

セットダイヤルで(0.05秒)(0.1秒)(0.25秒)(0.5秒)(0.75秒)(1秒)

の6種類が選択できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【参考回路図】

大型三相モーター(75KW)のスターデルタ起動用の実回路図です。

大型三相モーター(75KW)のスターデルタ起動用制御盤制作例

これでスターデルタ専用タイマ オムロン製 型式 H3CR-G8EL の使い方の

解説を終了させて頂きます。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2017年10月21日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする