インバータ(モーター制御用)の使い方(東芝製インバータで詳細な使用例付)

スポンサーリンク

インバータ(モーター制御用)の使い方を解説させて頂きます。

【インバータ概要】

インバータは、モーターに与える電源の周波数を
変えてモーターの回転数を制御する電装部品です。
電力会社から供給される電源の周波数は
50Hzまたは60Hzですが、周波数を自由に変調させ
モーター回転速度を自由に変えることができます。

標準使用のモーター(インダクションモーターなど)に
適応可能です。

〇使用例

・ブロワーで風を送るときの風量をインバータで調整

・コンベア搬送の速度調整

・ボール盤などの工作機械の回転制御

〇インバータのメリット

・標準のモーターを自由に回転数調整できます。

・モーターの回転方向を自由に変えられます。

・加速時間、減速時間の設定ができます。

・回転数を抑えることができますので、省エネ化が図れます。

【具体的な使用例】

〇用途

ブロワー吸引の吸引量調整でインバータを使用

〇ブロワー詳細

富士電機製 リングブロワー 3相200V 280W

型式:VFZ-201A

〇インバータ詳細

東芝製 インバータ 3相200V 400W

型式:VFNC3-2004P

〇使用条件

・ブロワーなので正転のみで使用(逆転は無し)

・ボリュームで回転数を調整(周波数0~60Hz)

・シーケンサからの出力で起動/停止する

・インバータアラーム発生の場合はシーケンサに出力

〇参考回路図

〇回路図の説明

・起動/停止

インバータの端子Fにシーケンサ出力(今回の例 Y10)を接続

Y10がONでインバータ正転起動します。

Y10がOFFでインバータ停止します。

今回はリングブロワーを駆動しますので、逆転禁止(回転方向は決まっています)

逆転が必要な場合は端子(R)にシーケンサ出力を接続します。

(パラメータにより本体のパネルスイッチで運転できます。)

・回転制御

端子 P5/VI/CC にボリュームを接続します。1KΩを接続しています。

(パラメータにより本体のパネルスイッチで調整できます。)

・アラーム出力

端子 FLC(コモン)と 端子 FLA(A接点)はアラーム発生時短絡します。

端子 FLC(コモン)にGND(0V) FLA(A接点)にシーケンサの入力
(今回の例 X7)を接続します。

スポンサーリンク

〇インバータのパラメータ設定

デフォルトからの変更点のみ記載しました。

CN0D (起動信号の選択)
0:端子台
1:パネル
2:RS485

シーケンサ出力で制御する場合は0を選択する必要があります。

FN0D (周波数設定の選択)
0:端子台
1:パネル
2:RS485

ボリュームで制御する場合は0を選択する必要があります。

ACC(加速時間)
1.5

DEC(減速時間)
1.5

F203(ボリュームの調整)(ボリューム右端で60Hzちょうどになる調整)
45

これでインバータ(モーター制御用)の使い方の解説を終了させて頂きます。
スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2017年7月28日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする