三菱シーケンサQ-CPU MELSECNET/H(メルセックネットH)入門 接続設定編 解説

スポンサーリンク

三菱シーケンサ  MELSECNET/H 入門(メルセックネットH) 接続設定編
解説致します。

○テスト条件

・今回はPC間ネット(QCPUとQCPUの通信)MELSECNET/H※1とします。
・シーケンサのCPU1はQ02UCPU  CPU2はQ12HCPUを使用。
・パソコンソフトはGX-Works2 を使用

※1 ネットワーク内の全てのCPUがQCPUである必要があります。

○使用機器の選定

今回は光ファイバーではなく、同軸ケーブルでの通信を選択しました。

MELSECNET/H ネットワークユニット(同軸バスシステム)
型式:QJ71BR11
上記各1台 合計2台

同軸バスシステム(QJ71BR11)の性能仕様

項目 同軸バスシステム(QJ71BR11)
1ネットワークあたりの
最大リンク点数
LX/LY:8192点
LB:16384点
LW:16384点
通信速度 10Mbps
1ネットワークの接続局数 32局(管理局:1/通常局:31)
 適合コネクタ 3C-2V用コネクタプラグ
5C-2V用コネクタプラグ
5C-FB用コネクタプラグ
1ネットワークの総延長距離 3C-2V:300m
5C-2V:500m
5C-FB:500m
 最大ネットワーク数 239(リモートI/O ネットも含めた合計)
最大グループ数 32
 入出力占有点数 32点(インテリ32点)
 DC5V内部消費電流 0.75A

スポンサーリンク

○設定

【局番設定スイッチ】

・Q02UCPUが管理局(親局)としQ12HCPUが通常局(子局)とします。
・各ユニットの局番(ステーションNo)の割付
管理局(親局)のQJ71BR11 がが局番『01』
通常局(子局)のQJ71BR11 が局番『02』

【モード設定スイッチ】

設定 内容
0 オンライン
1 自己折り返しテスト
2 内部折り返しテスト
3 ハードウェアテスト
4~F 使用禁止

管理局(親局)と通常局(子局)のQJ71BR11 両方『0』に設定します。

○回路図

【終端抵抗】

終端抵抗は回路の両端に必ず必要です。

両端には終端抵抗『A6RCON-R75』(別売り)を接続します。
F形コネクタ『A6RCON-F』はユニットに付属しています。

MELSECNET/H 入門(メルセックネットH) 接続設定編は
これで終了とさせて頂きます。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

次の解説 MELSECNET/H 入門パラメータ&ラダー作成編は
下記です。

MELSECNET/H(メルセックネットH)入門 パラメータ&ラダー作成編

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2017年3月25日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。
当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする