サーマルリレーの選定(電流値設定)

スポンサーリンク

サーマルリレーの選定(電流値の設定)について解説致します。

○サーマルリレーの役割

サーマルリレーはモーターの過負荷、焼損を保護防止する為のリレーで
設定以上の電流が流れた時に作動します、リレーが切れます。
(トリップすると言います。)

sa1

○操作方法

右側のダイヤルで電流値をセットします。

上の写真の場合は設定値3.6Aです。

サーマルリレーが作動しトリップしますと左側の青いボタンが上(天)方向に
出ます。リセットしたい場合は青いボタンを押します。

○電流値の選定

モーターに流れる電流値からサーマルリレーの電流値を設定します。

一般的な3相モーターの電流値の計算方法は下記です。

電流値(A)=モータ出力/√3/電圧/力率/効率

○参考例
モータ出力(W)=750
電圧(V)=200
力率=0.7
効率=0.8

上記の場合

750/1.73/200/0.7/0.8=3.87A
(力率と効率は製品により個体差あります、上記は代表値です)

モータの電流値は、メーカー、種類、極数、周波数等で変わりますので
モーターの仕様を確認し下さい。

スポンサーリンク

各メーカーからのモータ出力とサーマルリレー選定表

モーター出力KW(200V) 三菱電機 富士電機
0.4 2~3(2.5) 1.7~2.6
0.75 2.8~4.4(3.6) 2.8~4.2
1.1 4~6(5) 4~6
1.5 5.2~8(6.6) 5~8
2.2 7~11(9) 7~11
2.7 9~13(11) 9~13
3.7 12~18(15) 12~18
5.5 18~26(22) 18~26
7.5 24~34(29) 24~34

※ ( )内はヒータ呼び

○補助接点について

主出力接点(モーターへ接続する接点)とは別に補助接点があり
トリップした場合に補助接点が動作し、PLC等に警報を
知らす仕組みとなっています。

下の図の場合は95-96がB接点、97-98がA接点です。

sa2

これでサーマルリレーの選定についての解説を終了させて頂きます。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

関連記事のキャブタイヤケーブルの選定のページは下記です。

キャブタイヤケーブルの選定

スポンサーリンク

メタトレーダー4で動作するオリジナルEA
(自動売買プログラム)で資金6万円で挑戦(当サイトの筆者が挑戦中)

トップページに戻る

当記事は、2016年10月29日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。
当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする