KEYENCE キーエンス PLC KV-3000/ KV-5000 でLEDを調光する方法(PWM制御)

スポンサーリンク

KEYENCE キーエンス PLC KV-3000/KV-5000 でLEDライトを調光
(PWM制御)する方法を記載します。

パルス出力命令を使い簡単に制御(調光)できます。

〇必要なもの

・ソリッドステートリレー(SSR)今回テスト用:オムロンG3FD-X03SN DC5-24

・リレーソケット 上記SSR用のソケット  :PYF08A

・LEDライト テスト用 LED ワークライト CREE製 18W

・シーケンサ KV-3000 内蔵のトランジスタ出力 R500 を使います。

・パソコン 今回のテストでは KV-STUDIOインストール済みのノートパソコン

〇接続イメージ図

〇接続例

上図の様にトランジスタ出力の『R500』にSSRのコイル側13番端子を接続

(『R500~R503』の高速出力の4点のみ可)

SSRのコイル側14番端子を電源の+(24V)に接続

LEDの+端子を電源の+(24V)に接続

LEDの-端子をSSRのロード側8番端子に接続

SSRのロード側12番端子を電源の-(GND)に接続

スポンサーリンク

〇KV-STUDIOのプログラム例

上図の様にパルス出力命令を使います。

プログラム例 ⇒ [PLSOUT 100 0 0]

オペランドの説明

n1:使用する高速カウンタの番号を指定します。(0or 1)

高速カウンタ0がリレーR500で高速カウンタ1がリレーR501に対応しています。

S1:指定周波数(0~100000Hz) ワードデバイスを指定する場合は2ワード占有します。

S2:出力パルスのデューティ比(-499~+499) デューティ比50の場合は0を指定
ワードデバイスを指定する場合は1ワード占有します。

設定値 -499 ・・・ 0 ・・・ +499
デューティ比 0.1% ・・・ 50% ・・・ 99.9%

今回のプログラム例では、100Hz指定でデューティ比50%ですので

10ms中に5msのみ R500 がONとなります。

この状態で明るさは約50パーセントとなります。

duty

オペランドS2のところを-250に変更すると、デューティ比約25%でかなり暗くなります。

オペランドS2の部分をデータレジスタに置き換えれば、タッチパネルから変更できます。

〇製品紹介

SSR : オムロンG3FD-X03SN DC5-24

上記SSR用のソケット:オムロンPYF08A

LEDライト:KAWELL LED ワークライト18W CREE製 広角タイプ 防水・防塵・耐震

これでキーエンス PLC KV-3000/KV-5000 でLEDライトを調光(PWM制御)
する方法の解説を終了します。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2017年6月19日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする