ハードディスクのAVコマンド対応 / 非対応の確認方法 代表的な型式を検証しました。

スポンサーリンク

ハードディスクのAVコマンド対応 / 非対応の確認方法
について記載させて頂きます。

パナソニックDIGA用ハードディスク詳細

〇 AVコマンドについて

AVストリーミングフィーチャーセットのことで
映像録画/再生処理のリアルタイム性能が必要な
デジタル機器用途のことです。

一般的に家庭用ハードディスクレコーダー(パナソニックDIGA)
などのデジタル家電のハードディスクは上記のAVコマンド対応の
ハードディスクが必要となります。

〇 一般的なAVコマンド対応のハードディスク

WD製 型式WD5000AVCS 500GB

WD製の最もメジャーなAVコマンド対応型式です。

このハードディスクを使ってAVコマンド対応/非対応の確認方法を
解説します。

まず、フリーソフトの『CrystalDiskInfo』クリスタルディスクインフォ
有名なハードディスクの状態を検査できるソフトをインストール
インターネットで『CrystalDiskInfo』で検索すれば、直ぐに
ダウンロードサイトが見つかります。
簡単で軽快なソフトですのですぐにインストールできます。

①AVコマンド対応かどうか調べたいハードディスクを予めパソコンに
接続します。
②『CrystalDiskInfo』を起動します。

③『編集』→ コピーをクリックします。

④Windowsアクセサリーの『メモ帳』を起動します。

⑤メモ帳に『編集』→『貼り付け』をクリックします。

貼り付けられたデータです。↓

IDENTIFY_DEVICE 欄の 080行の4番目の数値 6733 に注目します。

更に6733 の 2桁目がです。

この数値が奇数であれば、AVコマンド対応で
偶数であれば、AVコマンド非対応となります。

今回このハードディスクは奇数でしたので
AVコマンド対応ということになり検証結果が
正しいことが解りました。

スポンサーリンク

今度は違う型式のハードディスク検証してみます。

東芝製 型式:DT01ABA100V 1TB

こちらも東芝製のAVコマンド対応のハードディスクです。

数値はでした。
奇数なのでAVコマンド対応ということになり
検証が正しいことが解りました。

次はAVコマンド非対応のハードディスクを見てみます。

WD製 型式:WD20EZRX 2TB

数値はでした。
偶数なのでAVコマンド非対応ということになり
検証が正しいことが解りました。

これでハードディスクのAVコマンド対応 / 非対応の確認方法
についての記載を終了させて頂きます。

パナソニックDIGA用ハードディスク詳細

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2019年2月10日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする