三菱シーケンサ QCPU のメモリとファイルについての解説

スポンサーリンク

三菱シーケンサ QCPU のメモリとファイルについて解説させて頂きます。

【ベーシックモデルQCPU】

・プログラムメモリ

プログラムメモリは、ベーシックモデルQCPUが、演算する為のプログラムを
格納するメモリです。

・標準ROM

標準ROMは、ベーシックモデルQCPUでブート運転を行う為のメモリです。
標準ROMは、バッテリーバックアップ無しでプログラムやパラメータを保存
する場合などに使用します。
標準ROMに格納しているプログラムを直接、実行(RUN動作)することは
できませんので、プログラムメモリにブート(読出し)して実行(RUN動作)します。

・標準RAM

標準RAMはファイルレジスタ用のメモリです。(Q00CPU,Q01CPUのみ)
標準RAMのファイルレジスタは、データレジスタと同様に高速なアクセスが
できます。
標準RAMには、ファイルレジスタを1ファイル格納できます。

・CPU共有メモリ

CPU共有メモリは、マルチCPUシステムの各CPUユニット間でデータの書込み/読出し
を行う為のメモリです。

各メモリに格納できるデータについて

CPUユニット内蔵メモリ ファイル名

と拡張子

プログラムメモリ 標準RAM 標準ROM
ドライブNo. 0 3 4
パラメータ × PARAM.QPA
インテリジェント機能

ユニットパラメータ

 ×  〇 IPARAM.QPA
シーケンスプログラム ◎ ※2 × 〇 ※1 MAIN.QPG
 SFCプログラム ◎ ※2 × 〇 ※1 MAIN-SFC.QPG
 ファイルレジスタ ×  〇 × MAIN.QCD
 デバイス初期値 ×  〇 MAIN.QCDI
ユーザー設定の

システムエリア

× ×

◎:必要データ 〇:格納可能データ ×:格納不可データ

※QOOJCPUには標準RAMがありません。

※1:標準ROMに格納しているプログラムを実行するには、PCパラメータでプログラム
メモリへのブート指定が必要です。

※2:いずれか1つのプログラムが必要となります。

スポンサーリンク

【ハイパフォーマンスモデルQCPU】

・プログラムメモリ

プログラムメモリは、ベーシックモデルQCPUが、演算する為のプログラムを
格納するメモリです。

・標準ROM

標準ROMは、ベーシックモデルQCPUでブート運転を行う為のメモリです。
標準ROMは、バッテリーバックアップ無しでプログラムやパラメータを保存
する場合などに使用します。
標準ROMに格納しているプログラムを直接、実行(RUN動作)することは
できませんので、プログラムメモリにブート(読出し)して実行(RUN動作)します。

・標準RAM

標準RAMは、メモリカードを装着せずにファイルレジスタ、ローカルデバイス
サンプリングトレースファイルを使用する為のメモリです。

・メモリカード

メモリカードは、ハイパフォーマンスモデルQCPU、プロセスCPU、二重化CPUの
内蔵メモリの拡張で使用します。
使用できるメモリカードは、SRAMカード、Flashカード、ATAカードがあります。

・CPU共有メモリ

CPU共有メモリは、マルチCPUシステムの各CPUユニット間でデータの書込み/読出し
を行う為のメモリです。

◎:必要データ 〇:格納可能データ ×:格納不可データ

※1:標準ROMに格納しているプログラムを実行するには、PCパラメータでプログラム
メモリへのブート指定が必要です。

三菱シーケンサ QCPU の各メモリの空き容量の確認方法を解説

これで三菱シーケンサ QCPU のメモリとファイルについての解説
を終了させて頂きます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

三菱シーケンサ QCPU プログラミングメニュー画面

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2017年5月26日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする