三菱シーケンサ FXタイプ カウンターの使い方

スポンサーリンク

三菱シーケンサ FXタイプ 各機種のカウンターの使い方を解説させて頂きます。

〇 カウンタ番号と種類

【FX3U/FX3UC シーケンサ】

16ビットアップカウンタ 32ビットアップ/ダウンカウンタ
0~32767カウント -2,147,483,648~2,147,483,647カウント
一般用 停電保持用 一般用 停電保持用
C0~C99 C100~C199 C200~C219 C220~C234
100点※1 100点※2 20点※1 15点※2

※1 非停電保持領域(キープしない)
パラメータにより停電保持領域(キープ)に変更できます。

※2 停電保持領域(バッテリーキープ)
パラメータにより非停電保持領域(キープしない)に変更できます。

【FX3G/FX3GC シーケンサ】

16ビットアップカウンタ 32ビットアップ/ダウンカウンタ
0~32767カウント -2,147,483,648~2,147,483,647カウント
一般用 停電保持用 一般用 停電保持用
C0~C15 C16~C199 C200~C219 C220~C234
16点※1 184点※2 20点※1 15点※2

※1 非停電保持領域(キープしない)

※2 停電保持領域(EEPROMキープ)

【FX3S シーケンサ】

16ビットアップカウンタ 32ビットアップ/ダウンカウンタ
0~32767カウント -2,147,483,648~2,147,483,647カウント
一般用 停電保持用 一般用
C0~C15 C16~C31 C200~C234
16点※1 16点※2 35点

※1 非停電保持領域(キープしない)

※2 停電保持領域(EEPROMキープ)

〇 カウンタ詳細

項目 16ビットアップカウンタ 32ビットアップ/ダウンカウンタ
計数方向 アップ アップ/ダウン切替使用可
設定値 1~32767 -2,147,483,648~2,147,483,647
設定値の指定 定数 K 又はデータレジスタ 同左、但しデータレジスタはペア(2個分)
設定値の変化 カウントアップ後変化しない カウントアップ後も変化
出力接点 カウントアップ後動作保持 アップで動作保持、ダウンでリセット
リセット動作 RST命令実行時カウンタの現在値は0となり出力接点も復帰
現在値レジスタ 16ビット 32ビット

〇 アップダウン切替

アップダウン切替用補助リレーONでダウンカウント、OFFでアップカウントになります。

カウンタNo. 方向切替
C200 M8200
C201 M8201
C202 M8202
※3 ※3
C233 M8233
C234 M8234

※3 途中省略

スポンサーリンク

【機能と動作例】

〇 一般用16ピットカウンタの動作例

計数入力X006によりC1コイルがONするたびにカウンタの現在値は増加し
5回目のコイルONで出力接点が動作(ON)します。
その後、計数入力X006がONしてもカウンタの現在値は変化しません。
リセット入力X010がONすると、RST命令実行時点でカウンタの現在値は0になり
出力接点も復帰します。

〇 32ピットアップ/ダウンカウンタの動作例

X012がOFFでアップダウン切替用補助リレーM8200がOFFとなり
カウンタC200はアップカウンタ動作となります。

X012がONでアップダウン切替用補助リレーM8200がONとなり
カウンタC200はダウンカウンタ動作となります。

計数入力X012によりC200コイルがONするたびにカウンタの現在値はアップ又は
ダウンします。

出力接点はカウンタの現在値が-6から-5に増加した時点でセット(ON)され
-5からー6に減少した時点でリセット(OFF)されます。

リセット入力X013がONすると、RST命令実行時点でカウンタの現在値は0になり
出力接点も復帰します。

これで三菱シーケンサ FXタイプ 各機種のカウンターの使い方の解説を終了
させて頂きます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

三菱 FXシーケンサ プログラミング メニュー画面

トップページに戻る

当記事は、2017年1月26日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする