三菱シーケンサ FXタイプ タイマーの使い方

スポンサーリンク

三菱シーケンサ FXタイプ 各機種のタイマーの使い方を解説させて頂きます。

〇 タイマ番号と種類

【FX3U/FX3UC シーケンサ】

100ms形 10ms形 1ms積算形※2 100ms積算形※2 1ms形
0.1~3276.7秒 0.01~327.67秒 0.001~32.767秒 0.1~3276.7秒 0.001~32.767秒
T0~T199※1 T200~T245 T246~T249※3 T250~T255※4 T256~T511
200点 46点 4点 6点 256点

※1 T192~T199 はルーチンプログラム用
※2 バッテリーにより停電保持します
※3 割り込み実行キープ用
※4 キープ用

【FX3G/FX3GC シーケンサ】

100ms形 10ms形 1ms積算形※2 100ms積算形※2 1ms形
0.1~3276.7秒 0.01~327.67秒 0.001~32.767秒 0.1~3276.7秒 0.001~32.767秒
T0~T199※1 T200~T245 T246~T249※3 T250~T255※4 T256~T319
200点 46点 4点 6点 64点

※1 T192~T199 はルーチンプログラム用
※2 EEPROMメモリにより停電保持します
※3 割り込み実行キープ用
※4 キープ用

【FX3S シーケンサ】

100ms形 100ms/10ms形 1ms積算形※2 1ms積算形※2 100ms積算形
0.1~3276.7秒 0.1~3276.7秒
0.01~327.67秒
0.001~32.767秒 0.001~32.767秒 0.1~3276.7秒
T0~T62 T32~T62※5 T63~T127 T128~T131※3 T132~T137※4
63点 31点 65点 4点 6点

※2 EEPROMメモリにより停電保持します
※3 割り込み実行キープ用
※4 キープ用
※5 特殊補助リレーM8028のコイルをプログラム上でONすることで10msタイマに
変更できます。

スポンサーリンク

【機能と動作例】

〇 一般用100msタイマの動作例

100msタイマ T10はX001がONするとカウントを開始し
10秒カウントすると接点出力します。
T10の接点がONすると出力コイルのY2がONします。
X001がOFFになるか停電すればタイマT10はリセットされ
出力接点は復帰します。

〇 積算形100msタイマの動作例

積算形100msタイマ T250はX002がONするとカウントを開始し
精算カウントが15秒に到達すると接点出力します。
(積算カウントの途中でX002がOFFしたり停電しても
再動作時はカウントを続行します。)
T250の接点がONすると出力コイルのY3がONします。
リセット入力X005がONになればタイマT250はリセットされ
出力接点は復帰します。

これで三菱シーケンサ FXタイプ 各機種のタイマーの使い方の解説を終了させて頂きます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

三菱 FXシーケンサ プログラミング メニュー画面

トップページに戻る

当記事は、2017年1月26日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする