三菱シーケンサ QCPU 内部カウンタの使い方

スポンサーリンク

三菱シーケンサ QCPU 内部カウンタの使い方を
解説させて頂きます。

カウンタとはシーケンスプログラムで入力条件の立ち上がり回数を
カウントするデバイスです。

カウント値と設定値が同一になるとカウントアップし、接点がONします。
カウンタは加算式です。

カウンタのコイルがOFF → ON に変化したとき、現在値(カウント値)
を+1し、カウントアップ(現在値=設定値)するとカウンタの接点が
ONします。

カウントアップ後はリセット(RST)命令を実行するまで、カウント値及び
接点の状態は変化しません。

使用例

カウンタC0 は設定値がK10ですので10回カウンタです。
設定値は10進数でK1~K32767まで設定できます。
16進数(H)は設定できません。

接点M1のOFF→ONの回数をカウントします。
カウント10回で接点C0がONします。

接点M2のONでリセット命令が実行され、カウント値及び接点C0がリセット
されます。

【設定値を間接指定】

データレジスタ D100 を設定した例

設定値にデータレジスタを設定できます。

これで三菱シーケンサ QCPU 内部カウンタの使い方の
解説を終了させて頂きます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

三菱シーケンサ QCPU プログラミングメニュー画面

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2017年5月3日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする