キーエンス KEYENCE PLC KV-3000 / KV-5000 バッテリー(電池)交換方法 写真付き 詳細手順!

スポンサーリンク

キーエンス KEYENCE PLC KV-3000 バッテリー(電池)交換方法を記載します。
(KV-5000も同じです。)

フロントの表示部に『CPU エラー No.83 』の
『CPUエラー W83 デンチ ヲ コウカン シテクダサイ』の
表示が出た場合はメモリーバックアップバッテリー(電池)の交換が必要です。
上記表示が出てからデータを保持できる期間は約1週間です。

○必要なもの
交換用リチウム電池 型式:OP-51604 キーエンス製

バッテリーの交換時は電源をOFFにしてから実施します。
内部にスーパーキャパシタが内臓されているので、電源をOFFにした状態で
バッテリーを取り外しても、記憶しているデータは保持されます。

可能でしたら、念の為プログラム データ、デバイスデータのバックアップを
行ってください。

パソコンと接続 → 読み出し→保存

キーエンス PLC KV-3000 USBでパソコンに接続/読出

下記に交換の詳細手順を記載いたします。

・シーケンサへの通電をOFFにします。

(はじめから電源がOFFだった場合は一旦電源をONし
10分以上通電してから電源をOFFにします。
内部のスーパーキャパシタに充電する為です。)

・CPUユニットの表示が全て消えていることを確認する。

・赤枠の場所にバッテリーが格納されています。

・上の写真の箇所にバッテリーOP-51604が格納されているので、ビスを緩めます。

工具はドライバ +0番が必要です。

矢印の方向に引出します。

バッテリーユニットが引き出されました。

・上記の逆の手順で新しい交換用リチウム電池 型式:OP-51604を取り付ける。

スポンサーリンク

キーエンスさんの技術相談で聞いたところ、電源OFFでバッテリーが外されている
状態でも10分間はスーパーキャパシタでメモリーを保持しているとのことです。
(10分以内に交換したほうが良いとのこと)
あわてないで交換して良いと思います。もちろん10分あれば交換できますが。
あくまでも個人的な意見です。

○バッテリーを交換しても、『CPU Error No.83 』
が続く場合の対応

パソコンと接続する。KV-STUDIOで下記をモニターする。

コントロールリレー CR2306(バックアップ電池異常)がON状態か確認する。

上記がONの場合はバッテリー不良かまたは、バッテリーのコネクタの接続を
確認して下さい。

キーエンス製 メモリーバックアップ用リチウム電池 型式:OP-51604 は

電池の寿命の目安は約5年ということです。

使用状況や環境により変わるとのことです。

交換用リチウム電池 型式:OP-51604

参考までに

スーパーキャパシタとは、電池とコンデンサーの中間的な存在で、コンデンサーの様に

急速(短時間)に充電可能ですが、バッテリーの様に大容量を蓄電できない。

コンデンサーなので、電池より寿命が長い。

これでキーエンス KEYENCE PLC KV-3000 バッテリー(電池)交換方法の解説を
終了させて頂きます。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2017年6月16日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする