三菱 FXシーケンサ AD変換ユニット FX3UC-4ADの使い方(設定方法やラダープログラム紹介)

スポンサーリンク

三菱 FXシーケンサ AD変換ユニット FX3UC-4ADの設定方法や
実際のラダープログラムを紹介させて頂きます。

今回は電圧入力で使用する方法を紹介させて頂きます。

AD変換ユニットの型式:FX3UC-4AD
4チャンネルのアナログ入力ユニットです。
下の写真の右側のユニットです。

【電源供給】

ユニットの接続は写真の様に基本ユニットの右側に接続します。
本体からは電源が供給されませんので、AD変換ユニットに
直接DC24Vを供給します。

【入力端子】

端子の説明は下の図を参照下さい。
今回はCH1のみを電圧入力で使用します。

下の図の様な配線となります。

【モード設定】
モード設定スイッチなどはありません。
ラダープログラム上で、下記のどのモードで使用するか
指定します。

今回はCH1を入力モード1に設定します。

入力モード1は+10Vが入力された時にデジタル出力値は+4000となります。
入力電圧が+5Vなら2000で、入力電圧が+0Vなら0です。

スポンサーリンク

【FX3UC-4ADのバッファメモリ(BFM)一覧】

バッファメモリ#0に設定値を書き込みし、モード設定をします。

下の図のイメージで16進数にて指定します。

今回はCH1しか使いませんが、全てのチャンネルにモード1(電圧入力)を
指定します。

H1111となります。

[MOVP H1111 U0\G0]をシーケンサの起動時に書き込みます。

U0:ユニット0指定(基本ユニットの直ぐ右のユニット)
\G0:バッファメモリ0指定

次はバッファメモリ10の CH1データをD0(データレジスタ0番)に読み出しします。
CH1しか使いませんが、CH2~CH4も読み出し設定します。

CH1→D0
CH2→D1
CH3→D2
CH4→D3

BMOV命令を使って、一括で読み出しします。

[BMOV U0\G10 D0 K4]をシーケンサの起動後5秒経過以降、連続して
読み出しします。

【実際のラダープログラム】

【動作確認】

外部電源でDC5VをCH1に供給し正しくAD変換されているか確認します。

5V供給でデジタル値が2001を示していますので、動作確認OKです。

外部電源の電圧調整ノブを回して電圧を変えれば、デジタル値も変わります。

これで三菱 FXシーケンサ AD変換ユニット FX3UC-4ADの設定方法や
実際のラダープログラムの紹介を終了させて頂きます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2018年4月3日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする