パナソニック DIGA ブルーレイレコーダー DMR-BZT810 ハードディスク交換方法

スポンサーリンク

パナソニックDIGA交換手順機種一覧

パナソニック製 DIGA ブルーレイレコーダー DMR-BZT810のハードディスク交換方法
を解説致します。

電源を切って裏面のケーブル類を外します。
必ずコンセントを抜いて完全に電源を断って下さい。

まずは天板を外します。

本体の裏面の赤枠のネジ3本を外します。

サイド面のネジ1本、反対側も1本、合計2本を外します。

天板を取り外します。

ハードディスクが見えました。(赤枠印)
デスクトップパソコンと同じ3.5インチです。
Western Digital 製がついている様です。
参考までに下記に型式を記載致します。
型式:WD10EARS  1TB

ちなみに内部は凄くすっきりしています。さすがはパナソニックさん。

フロントパネルを取り外します。
(この機種はフロントパネルを取り外さないとハードディスクは取り外せません)

この作業はビスがありません、ツメでロックされているだけです。
赤丸印のロック部の樹脂のツメを自分の指で持ち上げながら矢印の方向に外します。

B-CASカードが挿入されていたら邪魔なので外しておきます。

両サイドにツメがあります。

パネルの中央部にツメが1個

裏面にツメが3個

フロントパネルが外れました。

スポンサーリンク

次にハードディスクを取り外します。

ハードディスクは金属製のシャーシ(台座)に固定されていますので
シャーシ(台座)ごと一旦取り外す必要があります。

赤丸のビス4本を取り外します。(全て同じビスです。)
青枠のコネクタ3本も外します。(引っ張って外します。ロック機構はありません。)

デジタル基板(緑色のプリント基板)を傷つけない様に注意して下さい。

上方向に持ち上げる様に取り外します。(落としたり、衝撃を与えない様に注意します。)
上写真の様にハードディスクが取り外せました。

あとはシャーシ(台座)からハードディスクを取り外します。

赤丸のビス4本を取り外します。(全て同じビスです。)

これで完全にハードディスク単体になりました。

あとは同じ要領で新しいものに交換します。

交換後は必ずハードディスクのフォーマットが必要となります。
元々付いていたハードディスクを再び取り付けても
一旦本体から取り外された場合は必ずフォーマットが必要となる様です。
(厳密に言うとコネクタを外した場合)

交換した感想は凄く簡単に出来ました。これならあまり経験の無い方でも
すぐにできると思います。

これでDMR-BZT810のハードディスク交換方法の解説を終了致します。

パナソニックDIGA用ハードディスク詳細

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2017年11月11日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする